腱鞘炎

腱鞘炎とは、指の使い過ぎによる過剰な摩擦、または圧迫が加わったため、腱の通り道である腱鞘が一部分または複数箇所に炎症を起こしてしまい、指を動かすと腱が腱鞘にひっかかるため、腱鞘の中をスムーズに通れなくなってしまう状態のことで、時には腕全体に慢性的な痛み・だるさをともなうこともあります。

その他にも、ガングリオンと呼ばれる無色透明の良性腫瘤によって腱が圧迫され、腱鞘炎と同じような症状になる場合もあります。

直接命にかかわる病気ではないので、軽視される事もありますが、症状によっては痛みが激しく、日常生活に支障が出ることもあります。

炎症を起こしている部分では、腱と、腱を包んでいる腱鞘との間のすべりが悪くなっていることが多く、肥大と痛みが発症して、押さえると痛みを強く感じるようになります。

手の指の腱鞘炎では、手のひら側の指の付け根に、押した時に痛む部位があり、硬いしこりに触れる場合もあります。

腱のひっかかりが悪化すると、ばね指といって指の曲げ伸ばしの度にひっかかってカクッといって伸びたり曲がったりするようになります。

スポーツや仕事による手の使いすぎなどの反復する手の動作の刺激によるものが主な原因となります。

腱鞘炎を起こしやすい部位は指では親指の付け根の内側、手首では手首の親指側に多く見られるドケルバン腱鞘炎、轢音性腱周囲炎などがあります。





このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ